0〜2歳児部 おたより

新着記事
2021年12月02日(木)   お誕生日おめでとう♪♪

 今日は12月生まれのお友だちの誕生会がありました。
たんぽぽ組から1名、ひまわり組から2名の誕生児がりす組さんと一緒にステージに立ちました。
バースデーカードを園長先生から頂き、皆とても嬉しそうでしたよ。

12月はイエズス様の誕生月、クリスマスがある月です。
クリスマスまでの4週間を【待降節】とし
その期間は、《祈り》《親切》《感謝》の三つの心を深めていきながら、イエズス様のその心を贈り物としていきます。
今日のお祝いのお言葉の中で、園長先生もその事に触れ、子供たちに話されました。
自分のまわりで困っている人がいたら、助けようとしたり優しい言葉をかけたりすること、反対に自分が何かしてもらったら、ありがとうの気持ちをもつこと
そうしながら、《イエズス様のご生誕》に向け過ごしていくのです。
また、それぞれのクラスで、歌や楽器遊びなどもお稽古していて、それも贈り物と一つとして頑張っている子供たち。
そうした姿も、イエズス様はご覧になられて喜んでいらしゃると話されました。

そして、子供たちにとっては、サンタさんの存在もクリスマスのイメージの一つ、
そのサンタさんは世界中の子どもたちの名前が載ったノートを持っていて、良い事をした時は、その子のページに〇をつけているんですよと 待降節の行いを交えてお話されました。

そして、今月は、ひまわり組の子どもたちが【ぞうさんのぼうし】という歌をプレゼントしてくれました。
普段、お部屋の中で先生と一緒にいろんな歌を楽しんでいますが、ステージ前に立って、披露するのは、初めてのこと。
少し、緊張した子もいたようですが、元気な声が、ホール中に響いていましたよ。

会の最後は、先生方からクルクルシアター『クリスマスルーレット』をプレゼント!
楽しい歌と共に、クルクル♪と筒状のシアターを回して
プレゼントボックスのところをあけると中から、積み木やおもちゃ、クマさんなど
嬉しいプレゼントが出てくる、とっても楽しいシアターでした。
最後には、美味しそうなケーキも出てきて、子供たちはクリスマスが待ち遠しくなったのではないでしょうか。

2021年11月27日(土)   火の用心!

放水により、綺麗な虹がみえました!

2021年11月26日(金)   火の用心

 今日は、火災時の避難訓練を行いました。
毎月、さまざまな災害時を設定し訓練をしているたまものなのでしょう、
2歳児クラスの子どもたちは先生の誘導で素早く避難でき
0〜1歳児クラスの二階からの避難も、職員間の協力もあり
スムーズに行えました。

そしてその後、消防署の方々がお越し下さり消防車の見学と放水訓練の様子を
見せていただきました。
消防士の方の号令の声はとても勇ましく
身の引き締まるような空気の中もあり
一瞬にして子供たちもその様子に集中し見入っていました。

これから冬本番、暖房器具をはじめ、私たちの生活の中で
欠かすことのできない【火】です。
正しく使えばとても便利なものですが
使い方を間違えると取り返しのつかない事になってしまいます。
私たち大人が手本となり、子供たちの命を守り生活していきたいものですね。

※27日の枠には放水の様子を載せます。

2021年11月19日(金)   神様、ありがとう!

 今日は、感謝祭を本町のホールにて、行いました。
 
子供たちは、お家の方にご用意して頂いたお花をマリア様に捧げ お祈りをしました。

 神父様からは、【感謝の心】についてお話をいただきました。
コロナ禍の中、医療従事者の方々が大変な思いで日々、治療に専念して下さっていること
他にも、私たちの生活を支えるべく、たくさんの方々が働いて下さっていることをお話されました。
その方々に感謝する心を持つこと、そして、そのためにも
元気に過ごすことの大切さを伝えてくださいました。

小さな子供たちでは、その言葉をすぐ理解することは難しいことかもしれません。
ですが、いつも、私たち大人が、生活にそって伝えていくことで、少しずつ、子供たちの心に根付いていくことでしょう。

2021年11月18日(木)   おはなし大好き!

 今日は月に一度のお楽しみ!『おはなし会』がありました。

毎月、つくし&たんぽぽ組とひまわり組というふうに
対象年齢に合わせた内容で絵本&紙芝居、そして歌遊びを用意して
来園してくださいます。
今回も楽しい内容で子どもたちを楽しませて下さいました。

つくし&たんぽぽ組では『のーびたのびた』という紙芝居がありました。
【のーびたのびた なーにがのびた? びゅーん!!】というと ぞうの鼻が伸びるなど、擬音を交えた楽しい内容でした。
おさるさんのしっぽやカエルの足など、子供たちも知っているものが次々と出てきて喜んでいました。

ひまわり組では、『ばけばけ〜どん!』という紙芝居を読んでもらいました。
キツネの子が、頭に葉っぱを乗せて、腰をフリフリ、
【ばけばけ〜どん!】とすると、サクランボやバナナなどに変身!
一緒に体を揺らしたり、変身したものが食べ物だと手でつかみモグモグ♪と食べる仕草をしたりと
とても楽しそうな様子が見られました。

お話の世界に入って、登場する動物さんたちと一緒に楽しめる
子供たちの姿は本当に素晴らしいと感じるひとときでした。

画像は、遊び歌の【まあるい卵】や手遊び【パンパンサンド】の場面です。

- WebCalen -